創業明治38年 淡路島お線香・お香、製造元
お線香お香 淡路梅薫堂 淡路梅薫堂 株式会社
-Awaji-Baikundou-


お線香 仏様の喜ぶ好物仏様のご馳走甘茶香。新盆初盆お供えに

 
お仏壇・線香・お香などは時代で変わりますが、「心」が大切なのは

いつの時代も変わりません。目に見える物、形式(建物・姿・形)で無く、

精神(心)を大事にする浄土真宗のお寺に、甘茶の線香の人気があります。

なにも考えず習慣(形式)で一年に1,000本線香をあげるよりも、心を込めた1本

の方が価値があります。お寺院参拝でも、縁日や、その日参ると何万回参拝した価値

のある日
も、そこからくるそうです。

お盆・お彼岸・お中元・お歳暮、お世話になった人に感謝の気持ちを伝える。

相手の喜ぶ顔を思い浮かべれば楽しくなります。


最上の布施・施しとは、無理をせず心を開いて自ら進んで自分の力量の施しを

他人にして、相手の笑顔・喜びを心から喜び、そしてその行為を全て忘れることです。
 

心無く見返りを求め貪欲し、施していつまでも誇りがましく思ったり、

無理をして後悔するならしない方が良いそうです。


仏様は「ありがとう」と言ったり、「笑顔」にもなりませんが、

汚れた水は人も飲まないように「水を変えてあげよう」など、

相手を思う真心がご馳走となり、食され心から喜ばれるそうです。

お供えするだけの習慣ならば意味のない行為なので

諸仏諸菩薩の世界に届きひいてはご先祖様の世界にも届きますようにと

心を込めて供えてあげて下さい。

相手を思い、思いやりの真心を込めたお線香お香 「甘茶香」 を焚いてあげて下さい。


(お線香・お香/淡路梅薫堂 最初の画面へ)
創業明治38年 淡路島お線香・お香、製造元
お線香お香 淡路梅薫堂 淡路梅薫堂 株式会社
-Awaji-Baikundou-
656−1531 兵庫県淡路市江井2845−1
TEL(0799)86−0065           FAX(0799)86ー0224
E-mail awaji-baikundo@iris.eonet.ne.jp

Copyright © Awaji Baikundou Co., Ltd. All rights reserved.