竹に上下の節あり、松に古今の色なし

もちろんご存知と思いますが…



竹に上下の節あり、松に古今の色なし。



竹には上下の節がある目



人間関係でも上下があるよという意味だそうガーン



まさかそんな、人間は平等だと言ったじゃないかと、ちょっとびっくりしてしまうショック!



でも本当らしい。



実はこの句は対句になっているそうで、この次に松無古今色ときます。



これは、松は季節によって緑の色を変えたりせず、いつも平等であるという意味だそうで、今のような日々でも心に緑を保つ事が大切らしい(緑色は他の色を邪魔しませんね。周りの環境が変わっても豊かでいることが大切)。



つまり、二つの句を使って言っていることは、平等といっても区別はあり、区別があっても平等であるのだから、本来の姿そのままを認めてこそ円満だということだそうです満月



男尊女卑はけしからんけれど、男と女は同じではないトイレ



人生の先輩後輩という年齢による上下アップダウン関係もあります。



十人十色を認めて和敬清寂()というわけだそうです。




この句でもう少し深読みしたいのは、竹の上下の節は硬く、お互いを支えあいながらも、自分の領域をきちんと持っているという関係の作り方らしいにゃーわんわんかたつむりヒヨコペンギンフグ馬ブタ



気楽な家庭は、ギャハハ母にひひ【地が盛んで子供は堕ちる】



気楽な家庭は、ホっトケ父ニコニコ【人(子供)が盛んで天(父)は離婚の危機】



気楽に神は終いで紙芝居しょぼん【三位一体の家庭はなく、行わず聞かせるだけ】



神棚もない、仏壇で御先祖様を奉らない、どちらの親もいない【新居】で気楽な家庭でなりやすいダウン



マンションなど新居に済む気楽な伝統も続きます。



お墓参りに気楽にスリッパで行く家庭の伝統も。





Little Japan-110911_155411.jpg
多分、今現在も主人の御先祖様の身分相応のおもてなしをしているでしょうが、



相手に合わせた【御先祖様の身分相応】のおもてなしで松竹の緑を保つ三位一体。





Little Japan-110911_165730.jpg
(天の太陽【父】、人の苗【子供】、地の畑【母】)
(お線香お香/淡路梅薫堂最初の画面へ)

創業明治38年

仏様にお願い言って良いのは、名物・好物・甘茶香。
仏様のご馳走願いを叶う。
お線香お香 淡路梅薫堂

淡路梅薫堂 株式会社
-Awaji-Baikundou-

656−1531 兵庫県淡路市江井2845−1

TEL(0799)86−0065       FAX(0799)86ー0224

E-mail awaji-baikundo@iris.eonet.ne.jp